安さが最大のメリット

借地権付き住宅の最大の魅力としては、土地を購入するよりも借りる方が安くなる事です。そして土地を借りると言っても、建物は自分の所有となるからこそ、好きな形にする事ができるのも大きいです。生活するだけを考えるのなら、土地ごと家を買うのと何ら変わらないものです。当然所有権付きの住宅と同じ価格であるのなら、広い家や立地の良い家を手に入れやすいメリットがあります。

また、旧借地権、普通借地権、定期借地権のどの借地権であるのかを考慮しての選択をしないといけません。特に1992年に施行されて借地借家法で新設された普通借地権と定期借地権は注意すべきです。旧借地権の住宅は一部にしか残っていないのが事実です。

普通借地権は希望さえすれば、ずっと住み続けられるものとして認識しておけば問題ありません。しかし、地上権と賃借権がある事を忘れてはいけません。地上権の場合は第三者へ自由に売る事も貸す事もできるものの、賃借権の場合は地主の承諾が必要になります。定期借地権の場合は第三者へ自由に売る事も貸す事もできるものの、売る時には地主の承諾が必要になります。もちろん、売る時に地主と話しこじれてしまうという事も考えられる事で、地主への事前通知が大きなポイントになります。

借地権とは

借地権とはご存知の通り土地を借りる権利の事です。借地権を買うものではなく、借りるものだと知って、借地権付き住宅は賃貸住宅とは何が異なるのかと思う方もいるでしょう。大きなポイントになるのは、その建物は自分の所有となる事です。リフォームをする事ができて、壁紙を張り替えるのも自由です。生活をするという意味においては、土地ごと家を購入するのと何ら変わらないのが事実です。当然土地を購入しないのだからこそ、借地権付き住宅は購入する時に安くなるという大きなセールスポイントがあります。所有権付きの家よりも便利な立地の家を入れやすいのも大きいです。

そして借地権には旧借地権、普通借地権、定期借地権の3つの種類があります。旧借地権は大正期に制定された制度です。借地期間が満了しても地主側に問題がないのなら、更新されるものです。普通借地権は当初の借地期間が30年となります。そして1回目の更新は20年で、2回目以降の更新は10年となる制度です。つまり、希望すればずっと住み続ける事ができるものです。定期借地権は、期間に定めのある借地権です。第三者へ売る事も貸す事も可能であるものの、売る時には地主の承諾が必要になります。

当サイトでは借地権付き住宅の特徴についての解説をします。借地権付き住宅は全く頭になかったという方も、その特徴を知る事でニーズにマッチしている事が分かるかもしれません。条件次第であるものの、その可能性は十分にあります。